HOME >アメリカンパッチワークキルト(作品一覧)
以下にご紹介している作品は、まとめて全作品スライドショーにてご覧いただくこともできます。

水彩画キルト(ウォーターカラーキルト)

水彩画キルト(ウォーターカラーキルト)の写真 約2.5×2.5cmの布を何十枚も組み合わせて色の変化や濃淡を作り、イメージした形や色合いを水彩画のように描いていきます。左画像は、私の一押しの作品です。画像をクリックして頂くと、他にも8作品ご覧いただけます。


パジェロ

バジェロの写真 長い紐状にカットした布を、色に変化をつけながら並べ、一枚の布に縫い合わせます。最後に端と端を縫い合わせ筒状にします。90度向きを変え、幅に変化をつけながらカットします。平面にした時に、全体に色が流れるように一本一本の筒を、一カ所だけほどいて並べます。それをつなぎ合わせると、左画像のように色あいの微妙な変化が表現でき、全体に柄が流れているように仕上がります。文章力がないので、難しそうに思われるかもしれませんが実は、とても簡単です。画像をクリックして頂くと、他にも3作品ご覧いただけます。


ログキャビン

ログキャビンの写真 もっとも伝統的なパターン、ログキャビン。多くの人がパッチワークキルトを知るきっかけになる作品です。もし、ミシンキルトに初めて挑戦されるのでしたら、まずはログキャビンを作られることをお薦めします。ミシンキルトの基礎を習得するのに最も適していて、楽しい作品だと思います。ログキャビンは、応用範囲が広く、いろんなバリエーションを作り出すことができます。画像をクリックして頂くと、他にも2作品展示しています。


クイロー

クイローの写真 クイローとは、英語のキルトとピロー(まくら)がひとつになった言葉です。畳めばクッション、広げれば毛布として2通りの使い方ができます。自宅のソファや車に常備しておけば、腰あてや毛布として重宝します。持ち運べるので冬のスポーツ観戦にも役立ちます。広げて洗濯機で洗えます。画像をクリックして頂くと、表のデザインを変えた作品を多数展示しています。


シスタースター

シスタースターの写真 作品一面に星がちりばめられたようなパターンです。魚の生地を使ったので、海の中で星が輝いているようです。画像をクリックして頂くと、大きな画像をご覧頂けます。


ダブルアイリッシュチェーン

ダブルアイリッシュチェーンの写真 代表的な伝統的パターンのひとつです。あきのこないデザインとして、いつ見ても新鮮な印象を与えます。画像をクリックして頂けると、大きな画像をご覧頂けます。


プレイジングスターブレイジングスター

ブレイジングスターの写真 代表的な伝統パターンのひとつです。光り輝く星の表情は、布の組み合わせよって、輝き方に変化をつけて楽しむことができます。画像をクリックして頂くと、大きな画像をご覧頂けます。


トリップ・アラウンド・ザ・ワールド

トリップ・アラウンド・ザ・ワールドの写真 長い紐状にカットした布を組み合わせて作ります。布の配色次第で、中心に吸い込まれるような、あるいは中央が飛び出したような印象の作品が作れます。ボーダー(まわりの淵布)の部分には、三角に折った布を挟み込み、ボタンでとめています。プレイリーポイントといいます。画像をクリックして頂くと、大きな写真をご覧頂けます。


サンプラー

サンプラーの写真 パッチワークのパターンは、無限にあります。好きなパターンを組み合わせて並べたものをサンプラーといいます。画像をクリックし手頂けると、大きな画像をご覧頂けます。


その他の作品

その他の写真 画像は、プリミティブハートというパターンです。画像をクリックし手頂くと、ストリップレイル、アラウンド ザ ツイスト、フライングギース、ウッドパイルなど、他にも楽しいパターンをご覧頂けます。


▲ページトップに戻る